このページの先頭です

生理周期に合わせたバストアップサプリ摂取の利点

137views

投稿日:

バストアップを成功させたいならサプリは卵胞期に飲もう

胸を大きくするならサプリがおすすめです

胸を大きくする方法をいろいろ探していると、何を食べたらいいどんなエクササイズしたらいいという情報がいろいろあって結局何をすべきなのか迷ってしまいませんか?

そんなあなたにオススメなバストアップ方法がサプリです。

サプリのメリットはなんといっても手軽な点です。

いつでも好きな時に飲めますし食事との兼ね合いもあまり考えなくて良いので、胸を大きくするうえで取り入れやすいです。

そして、バストアップサプリは入っている原料や成分の量が示されているので飲む量も決めやすく、バストアップ以外の効果を期待できる商品もあります。

バストアップサプリ自体は数が多くランキングサイトもたくさんありますね。それらを参考にあなたに合ったバストアップサプリを選ぶと良いでしょう。

生理周期にバストアップサプリを飲むと良い理由は何?どんなメリットがあるの?

胸を大きくするためにサプリについて調べているとよく「生理周期に合わせて飲んだ方が良い」いう情報を目にします。

この理由が分かるとバストアップサプリの効果やバストアップのしくみについてもよく理解できたことになります。

まず、生理周期と女性ホルモンの関係について知りましょう。

生理周期とは排卵して生理を迎える、また新しい卵子を作るための周期ですがこの生理周期とかかわっているのが女性ホルモンです。

女性ホルモンを一言で説明するなら女性が女性として成長するために必要な物質です。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2種類があります。

プロゲステロンはどちらかといえば妊娠をするための機能を助けるホルモンです。子宮内膜の働きを助けることや乳腺の発育などに関わります。

また血糖値の調整をする効果もあります。対してエストロゲンは女性らしい体を作るための働きを強く持つホルモンです。

肌のハリを出す、バストやヒップに脂肪を蓄える、乳腺を増やして発達させる効果などがあります。他には骨粗しょう症を予防する効果も期待されています。

生理周期はそれぞれのホルモンバランスも関わってきます。

卵胞期

生理から排卵日までで、エストロゲンが優位になります。

排卵期

排卵が行われる時期で、エストロゲンの減少とプロゲステロンの増加が始まります

黄体期

子宮内膜が分厚くなります。この時はプロゲステロン優位です

月経期

子宮内膜が使われなかったので体外にでてきます。この時はどちらの女性ホルモン量も低くなっています。

このうちバストアップサプリを飲むと良いのがエストロゲンが優位になっている卵胞期です。

これはサプリにはエストロゲンの働きを助ける物質が入っているためで、他の時期に飲むとホルモンバランスを崩して気分が悪くなる可能性があるからです。

一方、卵胞期であればさらにエストロゲンを増やすことでバストアップサプリの効果を高められます。

バストアップサプリを選ぶなら十分なプエラリアの入ったものを

バストアップサプリに入っているエストロゲンを助ける成分は、植物性エストロゲンです。

植物性エストロゲンとは自然界にある成分でエストロゲンと同じように体内で働きます。

つまり、サプリを飲むと一時的に体内のエストロゲンが増えた状態になります。

そのため、バストアップの他にヒップのボリュームや肌荒れに悩んでいる人にも効果を発揮しますし、更年期障害対策にもおすすめです。

より効果の高いサプリを選びたいならプエラリアの入ったものを選びましょう。

プエラリアは他の植物に比べて優れた植物性エストロゲンが入っていることから世界中で注目されバストアップサプリの定番となっています。

ただし、サプリによってはプエラリアが主成分ではないこともあるため成分表示を良く見てより効果の高いミリフィカ種が使われていることを見てから買いましょう。

更年期や閉経後でもバストアップをすることは出来るの?

更年期や閉経になると、胸がしぼんだり下垂してしまうという変化が起こります。

いくら加齢による生理現象であっても、女性にとってバストの状態はとても大切なことですから、更年期や閉経後でもバストアップができるのか気になりますね。

更年期のバストアップ方法

更年期になると女性ホルモンの分泌量が減少し始めるので、どうしてもバランスが崩れてしまいます。

これがバストの状態を変化させる原因になるのですが、逆に言えばバランスを整えることでバストアップも不可能ではないということです。

そこでまず意識したいのが、イソフラボンやプラセンタの摂取です。

イソフラボンは、減少したエストロゲンの代わりに受容体に結合して、バランスの崩れを防ぎます。

また胎盤から抽出されるプラセンタにもホルモンバランスを整える働きがあるので、積極的に摂取しましょう。

他にも乳腺マッサージをして刺激したり、適度な運動を心がけて体内の循環をスムーズにするなど、複数の方法を並行して行っていくことでバストアップ効果が期待できます。

閉経後のバストアップ方法

閉経後は女性ホルモンがほとんど分泌されなくなります。

女性ホルモンは乳腺の発達だけではなく、女性の健康を維持するさまざまな役割を持っています。

そのため、分泌された女性ホルモンに働きかけてバストアップを目指すのはかなりの難関です。

閉経後のバストアップは難易度が高く、胸自体位を大きくするというより、ハリや弾力をキープすることにフォーカスした対策をするのが効果的です。

毎日しっかりバストマッサージして形を整えること、大胸筋を鍛えるエクササイズで下垂を防ぐというのが閉経後のバストアップ方法です。

本来のバストアップという意味ではありませんが、閉経後は胸の大きさ形を保つことが重要なバストアップになるのですね。

バストアップは努力次第

女性ホルモンの分泌量が減ったり、分泌されなくなったりすると、その時点でバストアップを諦めてしまう女性は少なくありません。

確かに女性ホルモンはバストアップに必要不可欠です。

しかし、女性ホルモンがきちんと分泌されている年齢であってもバストが小さい女性もいます。

つまりそれだけで胸の大きさが決まるということではないのです。

バストアップは、自分の状態に合った努力をどれだけ続けられるかで決まるので、更年期でも閉経後でもバストアップは可能と言えます。

ただ、年齢を重ねるとバストだけではなく体も女性ホルモンの影響に悩まされることが多くなるので、サプリメントなどを活用して補給しながら理想の自分を目指していきましょう。