このページの先頭です

バストアップが成功しない原因【リンパの滞り】とケア方法

161views

投稿日:

バストアップとリンパの流れの深い関係

身体中を流れるリンパの役割とバストアップについて

胸を大きくするために、効果が高いことで知られているランキング上位のバストアップサプリを摂取しているという女性も多いでしょうが、思うような効果が得られずに悩んでいる方も少なくありません。サプリが合わないのではないかと種類を変えてみてもやはり変化が見られない、食事からもしっかりと栄養を摂っているのに効果がないという場合、リンパの流れが滞ってしまっている可能性があります。

リンパ液は身体中のリンパ管を通して流れていますが、その節目であるリンパ節は約800個あり、そのうちの300個程度が首の周辺に、他にも鎖骨や脇の下などバストの周辺に集中しています。リンパには余分な水分や老廃物を排出したり、免疫力を強化したり、血液内に身体に害のあるものが入り込むのを防ぐなどさまざまな役割があり、主にリンパ節でこの働きが行われているのです。

また、リンパは摂り入れた栄養や分泌されたホルモン、酸素などを身体中に運ぶ役割があります。その流れが滞ってしまうということは、これらのものが身体に行き渡らない状態になりますし、なおかつ身体にとって不要なものが排出されず抵抗力が弱まるなど、身体にさまざまな悪影響が現れてしまうのです。

バストアップに関しても、せっかく摂取した食事やサプリからの栄養がバストに届かず、バストの成長に不可欠な女性ホルモンがバストの細胞に働きかけられなくなってしまいます。

胸を大きくするのに必要な栄養やホルモンが行き渡りやすくするため、バストの発達にはリンパの流れをスムーズにすることが必要です。流れが滞るとバストが大きくならないだけではなく、垂れ下がったり萎んでいってしまいます。

リンパの流れが滞ってしまいやすい原因について

バストの周辺にあるリンパは、さまざまな影響で流れが悪くなってしまいやすいので注意が必要です。

  • 姿勢からの影響
  • 冷え
  • 運動不足

猫背の方、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い方は、筋肉が凝り固まって肩こりや首こりに悩まされているということが多くなります。これは筋肉に余計な圧がかかっている状態であり、血液やリンパの循環が遮られる大きな要因です。

また、身体の冷えは代謝の悪化に繋がり、当然リンパの流れも例外ではありません。運動は筋肉を動かすことによって身体の循環をスムーズにする役割がありますので、不足すると当然リンパの流れも滞りやすくなります。胸を大きくするためには、普段からこうしたことを解消する習慣を身につけることも大切です。

バスト周辺のリンパケアをしていこう

リンパケアの方法について

胸を大きくするためには、バスト周辺のみではなく首からデコルテ、肩甲骨周辺のリンパも意識をしていくことが大切です。いずれの動作も3分程度の短時間で問題ありません。

首から鎖骨にかけて

耳の下から鎖骨にかけて、上から下に少しずつ指で圧をかけていきます。耳から首を通して鎖骨に向かってリンパ液を押し流すようなイメージです。

鎖骨のリンパケア

鎖骨の下部を指で押していくと、左右に窪みを見つけられます。そこを指で圧をかけ、次に中心から外側へ、外側から内側へ鎖骨に沿って指を滑らせていきます。

脇の下のリンパケア

片腕を上げた状態で、もう片方の手の指を4本まとめて脇の下にできた窪みに押し込むように圧をかけていきます。回すようにしながらぐりぐりと押さえていくと効果的です。

バスト中心のマッサージ

バストの真ん中より下部に指の腹を当ててアンダーバストラインに沿って脇の下までさすっていきます。次にバスト上部も同じように脇の下まで往復でさすっていきましょう。

バストアップマッサージが推奨される理由

バストアップのためにマッサージやエクササイズを行う方法が推奨されている理由は、まさにリンパの循環をスムーズにするためです。自律神経が整い、バストの成長に必要な栄養の吸収率が高まり老廃物の排出を促進させます。サプリの成分を摂り入れやすくし、バストの土台となる筋肉が付きやすくなるのです。バストアップ成功のために、毎日少しずつでも行っていくことをおすすめします。