このページの先頭です

バストアップ成功の秘訣5つ|筋肉・リンパ・ホルモン・ブラ・食事

140views

投稿日:

胸を大きくするために必須要素は多い

胸を大きくするためには筋肉、リンパ、ホルモン、ブラ、食事の5つの要素をおさえる必要があります。これは5つの要素が相互に関係していて、どれかがもれているとバストアップ効果が薄れてしまうからです。中には全く効果がなくなるか、マイナスの習慣で逆効果になることもあるため注意が必要です。

まずは筋肉です。筋肉は胸の土台に必要なものです。筋肉を鍛えれば胸の土台が盛り上がるため、バストサイズにも直結します。また、筋肉が痩せれば胸が沈み込み、バストサイズが小さく見える原因となるのです。

上向きの形がよいバストを作るためには筋肉のトレーニングが重要で、胸の筋肉を意識的に鍛える必要があります。バストアップのエクササイズは胸の筋肉を鍛えるものが多くなっています。リンパは体の中の老廃物を処理するのに大きな役割を果たしているのが特徴です。

バストアップを目指す場合は、新しい組織の生まれ変わりを促進させる必要があります。乳腺を刺激し、胸を大きくするためには古くなった細胞を老廃物として排出する必要があるのです。バストアップのマッサージは乳腺を刺激するだけでなくリンパの流れを活性化させるのが目的です。

リンパ腺は血液と並行するように走っている部分があり、特に大きな血管が集中している部分に同じように集中しています。首や肩、脇の下からリンパの流れを意識しつつ、マッサージで胸のほうまで誘導してあげるのがコツです。

流れを意識してマッサージをするだけで、リンパを利用した老廃物の排出が促進されやすくなるのです。バストアップマッサージはただ胸を揉むだけでなく、リンパの流れを意識したほうがプラスになるのです。

睡眠やサプリでホルモンバランスを整えることも重要

バストアップを目指すのであればホルモンを意識する必要があります。女性ホルモンは特に重要で、バランスが乱れないようにしっかりと睡眠をとることなど、生活習慣を整えるのが基本になります。しっかりと睡眠をとらないとホルモンバランスが乱れ、生理不順なども起こりやすくなってしまうからです。

妊娠した人の胸が膨らむように、女性ホルモンの分泌量はバストアップに大きな影響を与えます。眠っているときがもっともホルモンの分泌が活発になるのがポイントです。ブラはバストの保護に重要な役割を果たします。バストサイズが大きくなれば、それだけ重くなり、胸が垂れやすくなります。バストを保護するブラ選びは非常に重要なのです。

また、バストは常に重力の影響を受けるため、しっかりとしたものを選ばなければ形が崩れる原因にもなります。通常のブラのほかにも運動用のスポーツブラ、睡眠時につけるナイトブラを使い分ける必要があります。食事の見直しは非常に重要です。筋肉を作るためにはたんぱく質が必要であり、女性ホルモンの材料を取り入れるにもたんぱく質が必要です。

また、大豆イソフラボンやプエラリアなど、女性ホルモンと同様の働きをする成分もあります。バストアップサプリに欠かせない成分でもあるため、ランキング上位のサプリを選ぶなど、より効果的なものを取り入れるのがバストアップ成功のポイントになります。大切なのは組み合わせで考えることです。

どれか一つの方法に絞っても、簡単にバストアップ効果を得ることは難しくなります。筋肉を作るには食事と運動が重要であり、睡眠も関わってきます。筋肉が動けば自然とリンパの流れが良くなるなどプラスの循環ができやすくなるのもポイントです。

女性ホルモンを補いながら、睡眠や運動、食事のバランスなどに気を使うのがもっともわかりやすいのです。バストアップ効果が出ないと思ったら何か見落としがないかをチェックすることも方法になっています。