このページの先頭です

特別な道具は不要!お風呂の中でできるオススメバストアップ法!

164views

投稿日:

お風呂で簡単にできるバストアップ方法

バストを刺激して血行を高めるマッサージ

毎日必ず行う入浴時に、特別な道具なども一切必要なくどなたでも簡単にできるバストアップマッサージがおすすめです。やり方は至って簡単。まず、身体をしっかりと洗った後、洗剤などを全て洗い流しておきます。これは、お湯で身体を洗い流すことによる血流効果と、身体を洗うという行為に体温を上昇させる効果があるためで、この後に行う胸を大きくするためのマッサージの効果をより高めてくれます。

まず、大きくしたいバストのサイド部分から中央にかけて軽く押し上げるように意識しながら、両手のひらで胸を刺激します。この時、痛みを感じない程度の力加減で行うのがベスト。繰り返し10回から20回行う事で、胸周辺のリンパの働きを高め、同時に大胸筋を鍛える効果が得られます。次に、今度はバストの下部分から上方向に押し上げるように意識しながら行うマッサージ。

右手で右側を、左手で左側のバストをそれぞれ包み込むように持ち、胸を持ち上げます。これを同じく10回から20回程度繰り返し、1回持ち上げる毎に5秒程度持ち上げた状態を維持することで、垂れやすい胸を適正な場所にキープできると共に、バスト下部分に蓄積した脂肪を胸の脂肪に変えることができます。

リンパを刺激してバストアップ効果を高めるマッサージ

血行を高めることができたら、次にリンパの働きを促すマッサージを行いましょう。こちらもやり方は簡単で、まず首の鎖骨部分に対し、鎖骨に沿う形をイメージしながら内側から外側の肩方向に向け、両手の指先を使って軽く押しつけながら移動させます。肩まで移動できれば、次に肩周辺の筋肉を意識しながらマッサージしてほぐします。この動作を20回ほど繰り返し行いましょう。

鎖骨周辺から肩にかけては、老廃物の運搬を担うリンパ節という組織が密集しており、ここを刺激することで体内に溜まった老廃物を排出するデトックス効果と、胸を構成する細胞に栄養素を行き渡らせる効果が得られるので、胸を大きくするバストアップマッサージを行う上で重要なポイントです。

また、サプリメントなどを併用している方なら、サプリの持つ栄養素をより迅速に行き渡らせる効果ももたらしてくれ、より胸を大きくする効果を成功へと導けるおすすめのマッサージです。

入浴時のマッサージが持つ嬉しい効果

温熱効果

なぜ、入浴時というタイミングに限定して今回マッサージの方法をご紹介したのか?それは、入浴時こそが、バストアップを図る上で1番適したタイミングであるからです。入浴という行為には、ただ単に身体を洗い温めるという作用だけでなく、入浴中の方の高ぶった神経を整え精神をリフレッシュすることにより、溜まった疲れを癒す効果もあります。

ストレスや疲れが癒されるということは、身体が本来持つ機能が正常な状態に変化していることを意味するので、女性であれば、女性ホルモンの分泌が促されるなど様々な良い効果が期待でき、これを温熱効果といいます。

水圧効果

更に、入浴中のシャワーや湯船に張ったお湯が持つ水圧によって、体内の脂肪を適切な場所に導くと共に、同じく体内に張り巡らされた血管やリンパ節とその内部を移動する様々な栄養素の運搬を助ける作用があり、これを水圧効果といいます。特に、バストアップ方法のランキング上位にも位置する人気のサプリメントを活用したバストアップを実践している方にほど、この水圧効果が多大な効果をもたらしてくれます。

浮力効果

最後にある効果が、浮力効果です。これは、水に物を浮かべると軽い物ほど浮く浮力を活用した作用で、お風呂の中に身体を浸けることによって、身体とその内部に浮力が発生します。

ぷかぷかと浮かんだ状態は、特に人間の神経に対してリラックス効果をもたらすため、これによる女性ホルモンの分泌を高められるなど胸を大きくする作用が期待できるというわけ。このように、入浴時にこそ是非バストアップ効果をもたらすマッサージを併用することで、それぞれの作用を最大限に活用することができるでしょう。